一覧に戻る

ビフィズス菌 BY株とは

別名 B・ブレ-べ・ヤクルト株
学名 Bifidobacterium breve strain Yakult
分類 アクチノバクテリア門
形状 桿菌

ビフィズス菌 BY株の特徴

ビフィズス菌 BY株は、乳酸菌 シロタ株と同じく、ヤクルトが発見し、独自に保有する菌です。乳酸菌 シロタ株が小腸で働くのに対し、ビフィズス菌 BY株は主に大腸で働きます。

 

培養条件によって枝状に分岐する特徴があり、このビフィズス菌 BY株は、とくに細かく短い枝分かれ形態をしていることから「短い」を意味する「ブレ-べ」が名前につけられました。

 

ビフィズス菌 BY株は、乳幼児の大腸内に多く生息しています。

 

ビフィズス菌 BY株の特徴を一言でいうと、「整腸作用が強く、肌荒れも改善する菌」。

ビフィズス菌 BY株の役割

ビフィズス菌 BY株は、悪玉菌がつくる有害物質を吸着して減らし、潰瘍性大腸炎の症状を緩和します。肌に悪影響を及ぼす腐敗物質のフェノール類も減らし、肌荒れも防いでくれます。

 

乳幼児は手術前後の時期に高い頻度で菌血症を発症しますが、近年のヤクルトの研究では、ビフィズス菌 BY株を摂取すると血液からの細菌の検出が著しく抑えられ、術後の感染症予防に有効であると報告されています。