株式会社高橋剛商会
バランスアルファ販売会社

株式会社高橋剛商会は、山形の農業生産者『高橋剛』氏が、開発・生産・監修した農産物・食材・食品を、日本中の人々に普及することを第1の目的に、平成16年1月に設立されたまだ新しい会社です。

 

代表取締役 平城 匡史

会社概要

所在地

〒170-0002

東京都豊島区巣鴨2-16-4

設立 平成16年1月9日
資本金 300万円
代表取締役 平城 匡史
取締役 高橋 剛 / 目黒 逸幸

 

主要取引先


アーリン動物病院 / あまみ動物病院 / 株式会社ヴィジョンズ / こうご動物病院 / ココジェイクラブ / さくら動物病院 / チロとサクラのクリニック / ひだまり動物病院 / 渡辺動物病院 / 株式会社アイディーエム / 東神薬品 / ミカワ薬局 / 山下酒店他…全国多数の動物病院・薬局・自然食品店・EM商品取扱店等で販売いただいております。

私たち高橋剛商会は
何を目指して活動しているのか

  • バリュー(価値):高橋剛商会が提供している価値とは…

    • カラダが(人間も動物も)自らを守る力を引き出す発酵飲料『バランスアルファ』
    • 肌が“自らキレイになろうとする力”を引き出すスキンケア『ジェンティール』
    • 命の力強さを丸ごと取り込めるお米『高橋剛と仲間たちのお米』
  • リソース(資源):高橋剛商会がこれらの価値を提供できる力の源泉とは…

    • 命を育む「農」の智恵(オーガニック農法技術)
    • 60種類以上の微生物群を共生発酵させる智恵(完全発酵技術)
    • 山形真室川で500年続く人の営みと自然環境の共生(循環農業技術)
  • ミッション(使命):高橋剛商会が商品サービス(価値)提供を通じて、社会の中で果たすべき使命とは…

    • 人間から、そして動物から「生きる力」を引き出すお手伝いをすること
    • そして「命が全うされる」社会と世界を、日本の片隅から少しずつ実現していくこと

私たち高橋剛商会の生立ち

01. 私たちはなぜこの会社をつくったのか(社名の由来)

高橋剛商会は、平城 匡史(ひらき・ただし)と目黒 逸幸(めぐろ・としゆき)によって2004年1月9日に設立されました。
それぞれ別々に高橋 剛と出会い、その人物の奥深さに魅せられた二人が、高橋 剛の作り出すものを世の中に広めたい、という思いで始めた会社です。社名に「高橋剛」の名前を頂戴したのも、そういう理由でした。スタートは「バランスアルファ」の販路を開拓することが役割でした。

02. 私たちの会社の中心軸は「お米」

『バランスアルファ』は、お米の生産者である高橋 剛がお米作りの試行錯誤の中で発見した「完全発酵」の技術を生かして、玄米を発酵させて作った発酵飲料です。『バランスアルファ』の力の源であるオーガニック米を食べていただくことが、『バランスアルファ』そして私たちの考え方を伝える最良の方法である、と思い、創業2年目からお米の販売を始めました。
お米を扱うことになって、私たちは「食」とそれを支える「農」の世界を改めて学びなおすことができました。それは今も私たちの事業を支えるベースの「思想」となっています。

03. 『バランスアルファ』がワンちゃん、猫ちゃんにも効果があることを教えてくれたのはお客様

私たちのもとへペットの飼い主様からお便りが届くようになったのは創業2年目が始まるあたりからです。その多くが重い病気から解放された喜びが文面から溢れていました。

最初は『バランスアルファ』は人間用に開発したのだが…と戸惑っていた私たちですが、からだを守り「生きる力」は人間も動物も変わりがないことを知り、その後積極的にワンちゃん、猫ちゃんにも試していただくようにお勧めできるようになりました。

04. 『バランスアルファ』がスキンケアにも効果があることを教えてくれたのはお客様

こちらもまたお客様から頂戴したお便りからヒントを頂戴しました。“「バランスアルファ」を化粧水代わりに使うと肌が休まる”という感想が届いたのです。そしてこのお客様の声をニュースレターで紹介したところ、賛同の声と、“『バランスアルファ』を利用してスキンケア商品を作ってほしいという声が次々に寄せられました。私たちが想像していた以上に、一般の化粧品による肌の破壊力は凄まじく、気づかないうちに作られた「敏感肌」「乾燥肌」のお悩みを持っている方は多かったのです。
『ジェンティール化粧品』は創業3年目にまずローション(化粧水)の開発販売を開始し、順次アイテムを足していきました。シンプルなステップで、優しい素材だけで肌を守ることを目指しています。

05. 私たちの確信:「生きる力」はすべての人間、ワンちゃん、猫ちゃん、その他動植物に備わっている

15年間(2019年12月現在)の私どもの歩みの中で、気づきが「確信」に代わってきたのは、人間もワンちゃんも猫ちゃんも命を全うしようとする「生きる力」が必ず備わっている、ということです。残念ながら虚弱に生まれたり、機能に課題を抱えて生まれる「命」もあります。そのような「命」でも、限界の中で必死に生きようとする営みに変わりはありません。
私たち高橋剛商会は、これからも人間から、そして動物から「生きる力」を引き出すお手伝いをすること、を使命とし、「命が全うされる」社会と世界を、日本の片隅から少しずつ実現していくこと、を願いながら歩み続けていきます。