一覧に戻る

プラズマ乳酸菌とは

別名 Lactococcus lactis Plasma、JCM5805株
学名 Lactococcus lactis JCM5805
分類 フィルミクテス
形状 球菌

プラズマ乳酸菌の特徴

プラズマ乳酸菌は、キリン株式会社と小岩井乳業株式会社が共同開発した乳酸菌です。

 

プラズマ乳酸菌のすごいところは、これまでの乳酸菌は「一部の免疫細胞」しか活性化できなかったのに対し、「すべての免疫細胞」の司令塔である、PDCという免疫細胞に直接働きかけるという点にあります。

 

プラズマ乳酸菌は、免疫力を総合的にアップさせるため、インフルエンザやロタウイルス対策、老化現象の進行緩和や寿命を延ばすアンチエイジング効果も期待できます。

 

プラズマ乳酸菌の特徴を一言でいうと、「部下をリードする硬派なキレ者的存在の菌」。

プラズマ乳酸菌の役割

PDC(形質細胞様樹状細胞)という免疫細胞は、いつもは寝てばかりです。外部からウイルスなどの敵が侵入したときにだけ働きます。しかし、ここにプラズマ乳酸菌を加えることで、PDCを目覚めさせ、ふだんから活性化させることができるのです。

 

元気になったPDCは司令塔の役割を果たし、ほかの免疫細胞全体に指示を送って、つねに外敵と戦えるよう臨戦態勢を整えます。

 

プラズマ乳酸菌はPDC(形質細胞様樹状細胞)を強くする唯一の乳酸菌なのです。