一覧に戻る

L-92乳酸菌とは

別名 L-92株
学名 Lactobacillus acidophilus L-92
分類 フィルミクテス門
形状 桿菌

L-92乳酸菌の特徴

L-92乳酸菌はカルピス株式会社により発見された乳酸菌で、抗アレルギー作用が最も強い乳酸菌ともいわれています。

 

免疫機能に働きかけてバランスを整えることによって、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などのアレルギー症状を抑えます。

 

そのため、花粉症対策、鼻づまり、のどの痛み、せきなどの風邪の症状軽減、感染症対策、ガン細胞などをやっつけるNK細胞の活性化が期待できます。

 

L-92乳酸菌の特徴を一言でいうと、「実力に期待がかかる大型リケジョ的な菌」。

L-92乳酸菌の役割

人間にはアレルギーを抑える細胞と活性化する細胞があります。両者がつりあえばアレルギー症状は出ませんが、活性化する細胞の働きがさかんだと、アレルギー症状が起こってしまいます。

 

L-92乳酸菌は、両方の細胞に働きかけ、崩れたバランスを調整します。また、アレルギー症状を起こすIgEという抗体の生成を抑え、ウイルスや細菌の侵入を阻止するIgA抗体を増やすと考えられます。