一覧に戻る

乳酸菌は継続摂取が理想

多種類の乳酸菌を毎日適量が効果的

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを良い状態に保ってくれる乳酸菌。たくさん摂取すればするほど、体に良いのではと、期待する人もいると思います。しかし一方では”薬も過ぎれば毒となる”といわれるように、摂取しすぎたら体に悪いのではないかと、不安に感じる人もいるかもしれません。

 

乳酸菌は副作用がまったくないため、たくさん摂取しても体に害はありません。ただ、乳酸菌は腸内で定着することなく、体の外に排出されてしまいます。体が受け入れられる以上の量を摂取しても、ムダになってしまうので、適量を摂るのが一番良いでしょう。

 

それから、乳酸菌を食品から摂る場合、1日に必要な摂取量は約300グラムといわれています。善玉菌は悪玉菌にくらべると弱いので、善玉菌がいつも優勢に立つためには、毎日乳酸菌を摂取し続けることが大切です。

 

つまり、乳酸菌は大量に摂るよりも、毎日摂ることのほうが大切なのです。

複数の乳酸菌を幅広く摂りましょう

乳酸菌の種類は多種多様にあり、現在発見されているものだけでも400種類。まだ発見されていないものも含めると、その数ははかりきれません。

 

また、乳酸菌は種類によって、得意としている働きがあります。さまざまな乳酸菌を同時に複数摂取すると、乳酸菌同士が互いの働きに反発しあい、それらの効果が半減してしまうのではないか、私たちの体にとって問題は起こらないかと考えることもあるでしょう。

 

しかし、乳酸菌はもともと、互いに干渉しあうことなく共存しているものです。いろいろな種類の乳酸菌を同時に摂取しても、マイナスになることはありません。むしろ、乳酸菌同士が相乗的に働くこともあるため、複数の乳酸菌を摂ったほうが効果がよりアップするともいわれています。

 

また、ヨーグルトや乳酸菌飲料のほかにも、日ごろから、チーズ、味噌、しょうゆ、漬け物などの乳酸菌が多く含まれる食品を意識して食べることもおすすめします。いろいろな種類の乳酸菌を幅広く取り入れましょう。

乳酸菌サプリメントでもOK!

乳酸菌は研究が進むにつれ、新しい菌が見つかったり、今まで知られていなかった働きがわかったり、菌株の効果が特定されてきています。そして、サプリメントの数も多く販売されています。

 

乳酸菌を効果的に摂取するには、食品から摂るのが理想的ですが、ヨーグルトや乳酸菌飲料の味や食感が苦手という人には、乳酸菌がカプセル状、錠剤状、顆粒状、粉末状などに加工されたサプリメントがおすすめです。

 

また、食品だけでは乳酸菌を何種類も摂取するのはむずかしいものですが、サプリメントならさまざまな種類の乳酸菌を摂取することが可能です。さらに、自分の目的に合わせて効率的に活用することもでき、効果を大きく実感できるでしょう。忙しい人も手軽に摂取できるため、毎日の習慣として続けることができます。