一覧に戻る

人間と腸内細菌は運命共同体

腸内細菌は私たちのパートナー

腸内細菌はあなたのお腹の中に棲んでいるパートナーです。きっと、パートナーと言われても、今一つピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。でも、このパートナーは、人の生命活動を維持するために日々身を粉にして働いてくれているのです。

 

腸内細菌は、腸に入ってくる食べ物を分解・吸収して不要物を排泄しているのはもちろん、侵入してくる病原菌を追い出したり、ビタミンやホルモンを合成したり、セロトニンやドーパミンなどの幸せ物質のもとを作ったり・・・。ガンやアレルギー、感染症などから身を守ることができてるのも、うつ病などの心の病気にならずに済んでいるのも、じつは腸内細菌の働きによる部分が大きいのです。

 

とにかく、私たちが一生を無事に健康に生きていくために必要なことの多くが腸内細菌の日々の働きによって生み出されるといっていいでしょう。

 

では、いったいどうして腸内細菌はそんなに頑張って働いてくれるのでしょうか。
その理由は、そうしないと自分たちも生きていけないからです。腸内細菌にとって、人の腸の中は安住の地です。母体が健康でいれば、日々定期的に食べ物というエサが入ってくるわけで、彼ら細菌にとってこれほど都合のいい棲家はありません。
しかし、母体が弱ったり病気になったりすると、ろくに食べ物が入ってこなくなってしまう可能性が高くなり、さらに、もし母体が死んでしまえば、自分たちも死滅してしまうことになります。

 

だから、腸内細菌には、母体を弱らせたり死なせたりしてしまわないように、人間の健康を維持するいろいろな機能が組み込まれているのです。
そして、腸内細菌はそれらの機能をフル活用して働きながら、私たちが生まれてから今に至るまで、ずっと体を守ってきてくれているわけですね。

 

まあ、腸内細菌たちからすれば、おれたちが住処を失わないように毎日働いて、おまえの体の健康を守ってやっているのだから、おまえもちゃんと食べておれたちにエサを供給し続けろよ、というところが本音なのかもしれません。

 

要するに、私たち人間と腸内細菌たちの間では、持ちつ持たれつの相互扶助関係が成り立っているのです。彼ら腸内細菌の助けがなくては、私たちは生きていくことができないのです。私たち人間は、腸内細菌のおかげで生きている。いや、腸内細菌のおかげで「生かされている」といったほうがいいのかもしれません。

 

腸内細菌と私たちは、生きるも死ぬも一緒。一生涯、人生を共に生きていく運命共同体です。病気になるかならないか、健康を維持できるかできないかは、このパートナーである腸内細菌をいかに待遇するかで大きく変わってくることでしょう。

 

つまり、みなさんがこれから先、自分の人生をどれだけ輝かせられるかのカギを腸内細菌というパートナーが握っているのです。だったらみなさん、腸内細菌というパートナーと手を組んで、とことん仲良くしていったほうがいいと思いませんか?

 

できる限りのおもてなしをして、パートナーの持つ力を存分に発揮してもらったほうがいいと思いませんか?自分のお腹の中に、自分にとってかけがいのないパートナーが棲んでいる、としっかり意識してみてくださいね。